やもともりブログ

 HSPママの日常  

それってあなたも出来てませんよね 自分のことを棚に上げる親

こんにちは。やもともりです。

親自身が出来ていないことを子どもにアドバイスするとき、心の中にひろゆきさんが現れませんか。

それってあなたも出来てませんよね。
自分のこと棚に上げるのやめてもらっていいですか。

f:id:yamotomori:20220610162746j:image

昨夜も、こんなことがありました▼

サンタさんからのプレゼントを心待ちにしてきた娘が、

サンタさん来てくれるか心配になってきた・・・。

と言い出しました。

サンタさんには手紙で欲しいプレゼントを伝えたし、毎日いい子にもしているのに、どうして心配になってしまったの?

サンタさんへのお手紙に、スクイーズとプッシュポップバブルが欲しいって書いたんだけど、分かりにくくてスクイーズしかくれなかったらどうしよう。

普段からこんな風に、「~だったらどうしよう」、「~できなかったらどうしよう」と不安を口に出すことが多い娘。

私自身も心配性なので、娘の気持ちはものすごく分かります。

慎重なのは悪いことではありません。ただ、娘は心配のし過ぎで泣き出してしまうこともあるため、私は娘の心配性を心配しています。

私は不安になっている娘に対して、

心配になったんだね。うんうん。きっと大丈夫だよ。

と抱きしめながら声をかけることが多いです。しかし、その後もずっと娘が同じことを心配し続けているときには、

やれることをやったなら、あとは心配しててもしょうがないよ。もしダメだったらそのとき考えればいいよ。

と優しく伝えます。しかし情けないことに、「起こったときに考える」というのは親である自分自身が全然出来ていないことなんです・・・。心配しても時間の無駄なのに、考えることを止められません。

ともあれ娘はこの言葉を聞くと落ち着くため、これからも私は自分のことを棚に上げて言い続けます

やれることをやったなら、あとは心配しててもしょうがないよ。もしダメだったらそのとき考えればいいよ。

娘にも自分自身にもよく使っている言葉です。
最近では娘が私に言ってくれるときがあります。

もし駐車場がいっぱいだったらどうしよう。

ママ、そのとき考えればいいよ。

おまけ

娘が書いた、サンタさんへのお手紙です▼
『いつもありがとうございます』ってなんか可愛い。

f:id:yamotomori:20211224114244j:plain

プライバシーポリシー  / お問合せ