やもともりブログ

 HSPママの日常  

花火大会について義理の実家でもめた件

こんにちは。やもともりです。

現在、義理の実家に帰省中のため大人しく過ごしています。

人がたくさん集まると、意見の食い違いによる「もめごと」も増えますよね。昨日は花火大会に行く前に義理の実家でいざこざがありました。

f:id:yamotomori:20220816180516p:image

その日、義理の実家にいたのは6人。お義父さんとお義母さん、夫と夫の妹、私と娘です。 お昼ご飯の後、花火大会のチラシを手にしたお義母さんがみんなに言いました。

今夜みんなで花火大会に行こう。

チラシには、川まつりで花火大会がおこなわれると書かれていました。会場までは車で30分ほどの距離。天気は終日晴れ予報だったので予定通り開催されそうです。 行くことには全員賛成したものの、具体的なことがなかなか決まりません。

f:id:yamotomori:20220816183836p:image

なるべく近くで観たいと言うお義母さんと、混雑しない場所で観たいと言うお義父さんの間で意見が食い違いました。

夫や夫の妹も、おのおの意見を主張します。 「早めに会場に行かないと駐車場が満車になってしまう。」 「1時間フルで観るのは長いから、遅めに行って後半の30分だけ観られればいい。」など。(私は決まったことに従う姿勢でいたので相槌を打つだけ。面倒なもめごとは早く終わって欲しいと思っていました。いつものことながら、ひどい人間。)

熱心に話し合う大人たちの姿を見ていた娘の表情は、だんだん曇っていきました。 久しぶりに会えたおじいちゃん・おばあちゃんと仲良く楽しく過ごす予定でいたのですから、みんなが揉めている姿なんて見たくないですよね。

しばらくすると娘は泣き出してしまい、それがきっかけで大人たちは自分勝手な話し合い方を改めました。

f:id:yamotomori:20220816183656p:image

それぞれが自分の意見を少しずつ妥協し、最終的にはこう決まりました。

会場近くの駐車場に車を停めて、近くで花火を観る。もし駐車場が満車ならドライバーのお義父さんが他の5人を会場近くまで送り迎えする。

やっと話がまとまり和やかな雰囲気に。娘にも笑顔が戻りました。

その後のことです。

出発前に念のため花火大会のホームページを覗いた夫が声を上げました。

花火大会、中止だって!

こんなに晴れているのに?驚いて確認したところ、「河川増水のため延期」というお知らせが出ていました。花火大会と聞くと天気ばかりを気にしがちですが、川まつりの花火大会では河川の水位が高いと開催できないのですね。恥ずかしながら知りませんでした。

お義母さんが一番残念がっていたものの、気持ちを切り替えて「また来年のお楽しみね。」と言ってくれました。

今回のように、人がたくさん集まると意見がまとまりづらくなります。私はそこで険悪なムードになるのが本当に苦手です。

しかし、人がたくさん集まって様々な意見が出ることで良い案が生まれる場合もありますよね。

提案してくれる人、他の案を出してくれる人、それらをまとめて最適な案にまとめてくれる人、相槌を打つ人、確認不足を補ってくれる人。

花火大会のいざこざのおかげで、そんなことを再確認できた一日でした。

プライバシーポリシー  / お問合せ