やもともりブログ

 HSPママの日常  

【エコ&省エネ】在宅ワークで足元が寒いときは「ゆたぽん」にひと工夫

f:id:yamotomori:20221015211546j:image

こんにちは。やもともりです。

私は極度の寒がりなので、冬の在宅ワークでは「これでもか」というほど厚着をします。

しかし、どんなに厚着しても暖房を入れても、足元だけは冷えたままです。

冷え性の足にヒートテック靴下やモコモコブーツを履いたところで、「それ以上冷えない」だけ。温まってはくれません。

熱源が必要だと思い「足元の寒さ対策商品」を探しました。デスクヒーター、電気毛布、電気スリッパなど。ただ、どれも高価だったり場所を取ったり、コードがぶらぶらしていたり。商品の寿命も気になります。

1,000円ぐらいで繰り返し使えるコンパクトな熱源」を求めてたどり着いたのは、チンするだけで使える「レンジでゆたぽん(湯たんぽ)」。f:id:yamotomori:20221015180222j:image

これが大正解でした。「就寝時の保温用」の商品ですが、在宅ワーク中も足元で活躍してくれます。

今回の記事の内容は、在宅ワークで足元が寒いときに使っている「ゆたぽん」についてです。また、在宅ワークで「ゆたぽん」を使用する際のひと工夫についてもご紹介します。

ゆたぽんについて

ゆたぽん」は電子レンジで温めるタイプのジェル状の湯たんぽです。少し暑めのお風呂の温度、45℃ぐらいまで温まります。

 

Lサイズも売られていますが、私には通常サイズの「ゆたぽん」で十分でした。

私が「ゆたぽん」に惹かれた点は以下の通りです▼

  • 電気を使わないので省エネ(※レンジは使いますが1回につき数円程度)
  • 使い捨てではないため毎回のゴミが出ずエコ
  • 冷めてもチンすれば何度でも使える(※電子レンジ600wで2分40秒)
  • コンセント不要なので場所を選ばない
  • コードが無くコンパクトなのでスッキリしている
  • 普通の湯たんぽと違い、お湯をこぼす心配がない

すみっコぐらしバージョンもあるみたいです。なんて可愛い。

在宅ワークでゆたぽんを使用する際のひと工夫

「ゆたぽん」を入れた保冷バッグに足を入れる

「ゆたぽん」は布団の中では温かさが7時間ほど持続しますが、在宅ワーク中に足を乗せて使用するだけでは冷めるのが早め。

足元までブランケットなどで覆うと冷めにくくなります。

さらに温かさを持続させたい私は、100均の保冷バッグの中に入れた「ゆたぽん」に、足を乗せています。

\ 要らなくなった保冷バッグ /

f:id:yamotomori:20221015180254j:image

\ マジックテープと持ち手はカット /

f:id:yamotomori:20221016010555j:image

\ 温めた「ゆたぽん」を保冷バッグへ /

f:id:yamotomori:20221016021324j:image

\ こんな風に軽く足を乗せます /

f:id:yamotomori:20221015180301j:image

足湯のようにぽかぽか、ぬくぬく。じんわりと温まるので幸せを感じます。

フローリングの場合はもうひと工夫

足元が「冷たい&滑りやすいフローリング」の場合、「断熱&滑り止めクッション」を敷くのがおススメです▼

f:id:yamotomori:20221016010552j:image

「断熱&滑り止めクッション」の作り方はとっても簡単▼


1. 100均の滑り止めシート、テープ、緩衝材(プチプチ)を用意するf:id:yamotomori:20221016010558j:image


2. 緩衝材を滑り止めシートで包むf:id:yamotomori:20221016010600j:image


3. テープでとめて完成f:id:yamotomori:20221016010604j:image

作るのが面倒なら滑りにくいマットを敷くだけでOKです

ゆたぽんの使用期限や注意点

「ゆたぽん」には明確な使用期限というものがありませんが、購入レビューによると「正しく使えば5年ほどもつ」そうです。

長持ちさせるためには、以下の注意点を守りましょう▼

  • 商品に書かれている加熱時間の目安を守る(温め過ぎはNG)
  • 必要以上に圧力を加えない(袋が破れるため)
  • とがったものを側に置かない(袋が破れるため)

その他、レンジ加熱後のやけどや使用中の低温やけどにも注意が必要です。

「ゆたぽん」の他にも使いやすそうだなと思ったのは「蓄電式のフットウォーマー」や「蓄電式の湯たんぽ」。しかしそれらは使用頻度が高いと1~2年で寿命がきそうですし、値段も4,000円ぐらいと高めだったので購入は見送りました。

さいごに

在宅ワークで足元が寒いときに使用している「ゆたぽん」について書きました。

足元が冷えると作業に集中できませんが、「ゆたぽん」を使うことで快適に過ごすことができます。

ただ、「厚着、暖房、ゆたぽん」といった冷え対策は体を外側から温めるもの。運動や食事によって内側からの冷え対策も出来たら理想的ですよね。

特に在宅ワークでは運動不足になりがち。仕事前や休憩中に、なるべく体(特に下半身)を動かすよう心掛けています。運動は血流の改善につながります。また、運動によって筋肉量が増えると代謝が高まり、生み出される熱の量も増えるんだとか。

しょうが白湯を積極的に口にすることも「体の内側からの冷え対策」となります。

冷え性仲間の方々、一緒に冷え対策をして寒い冬を乗り越えましょう。

プライバシーポリシー  / お問合せ