やもともりブログ

 HSPママの日常  

ミスチルの「イミテーションの木」が染みる

お疲れさまです。やもともりです。

疲れてしまったときや自信を失ったときに、背中をそっと押してくれる曲について書きたいと思います。

f:id:yamotomori:20220202170759j:image

Mr.Children「イミテーションの木」という曲はご存じですか?

「えー、知らない。」って言われることが多いのですが、私は数あるミスチルの名曲のなかでもこの曲が断トツで好きです。

どんな曲かと言うと、” 本物じゃなくても、そこに居るだけでいいんだよ ” って教えてくれるような曲。

考え過ぎて疲れてしまうHSPの私の心にすーっと入ってくる歌詞。

そして優しいメロディーが心に染みます。

特に好きなのは、以下の部分です。

イミテーションの木の下を
少年が飛び跳ねている
それを見た誰かの顔がほころぶ

情熱も夢も持たない
張りぼての命だとしても
こんなふうに誰かをそっと癒せるなら

引用元:Mr.Children「イミテーションの木」の歌詞

例え作り笑いでも、相手を笑顔にできるなら十分じゃないか。

本心を口に出すのが苦手でも、相手に合わせてその場が和むならそれもあり。

必死で優しいママを演じる腹黒ママでも、子どもを笑顔にできているなら大丈夫。

ニセモノでも誰かを助けることが出来ているのなら、それが今の自分の役割。

「イミテーションの木」は、そんなことを思わせてくれる素敵な曲です。

プライバシーポリシー  / お問合せ