やもともりブログ

 HSPママの日常  

【衝動買い防止と効率的な買い物のために】買う前に考える3つの質問と、買い物の基準

f:id:yamotomori:20220622164308j:image

こんにちは。やもともりです。

普段は結構ケチな私ですが、娘が欲しがるものには財布の紐をゆるめがちです

また、高価な買い物の際にどっと疲れるのも悩みの一つ。

購入前にネットで長時間調べたり、何軒か実店舗に足を運んだり。時間と労力を必要以上にかけてしまいます

そこで今回の記事では、「買う前に考える3つの質問」と「買い物の基準」について書きます。これらによって衝動買いを防ぎ、効率的な買い物ができたらいいなと思います。

衝動買いを防ぐための「3つの質問」

f:id:yamotomori:20221113123105j:image

これ可愛いっ。今買わないと売り切れそう。せっかく来たんだし・・・。

このような状況だと衝動買いしがちな私と娘。

衝動買いを防ぐため、「買う前に考える3つの質問」を作りました▼

  1. 買う目的は?「消費 / 投資 / 浪費」
  2. 家に同じようなものが無いか?
  3. 欲しくなったきっかけは?

①~③について考えて、「買うことに迷いが生じたら買わない」ことにします。以下でそれぞれ詳しく見ていきます。

①買う目的は?「消費 / 投資 / 浪費」

欲しいと思った商品について、それを買う目的をはっきりさせます▼

  • 消費: 無いと生活できない
  • 投資: 将来役に立つ
  • 浪費: 無くても生活できるが精神的に満足できる

分類が難しい場合、ざっくりで大丈夫です

買う目的が「浪費」に当たる場合は要注意。浪費は心の豊かさのために必要なものですが、価格に見合った満足感が得られず後悔することも多いからです

②家に同じようなものが無いか?

つい同じようなものばかり買ってしまうことってありますよね。

服、雑貨、食器、おもちゃなど。

家に同じようなものがある場合、「今あるものを捨ててでも手に入れたい?」と自分に問いかけます。

今あるもので不自由していなければ、買い足さない。不満を抱えているならば買い替えます。

③欲しくなったきっかけは?

その商品が欲しくなったきっかけを思い出してみます。こんなきっかけの場合は要注意です▼

みんなが持っている

→ 「周りが欲しがらなくなっても、自分はまだそれを欲しがるだろうか」を想像します。

安くなっている

→ 買う予定はなかったけれど、「安くなっていて気になった」なら要注意。必要無いものです。買いたい理由が「値段」なら、買いません。

CMで観て欲しくなった

→ 存在を知るまで必要なかったのであれば、それが無くても生活できます。CMによって必要以上に不安をあおられていないかなど、冷静に考えます。

ちなみに、広告やセールストークの中では以下のような「消費を促す手法」が使われます。衝動買いを減らせるよう、これらを知っておくことも大切だと思います▼

 

消費を促す6つの手法

「恩返し」の習性を利用

例: 試食、試供品、親身なアドバイスなど

「決めたことは貫きたい」という心理を利用 

例: 「見るだけ見て言ってね。」など、最初はハードル低めの要求をして徐々に要求を上げていく

例: 顧客が商品の購入を決めたあと、関連商品もすすめる

例: 顧客が商品の購入を決めたあと、顧客に不利な条件を出す

例: コレクター心理をくすぐる

同調意識を利用

例: 口コミやレビューを見せる

例: 「みんな買っています」と伝える

顧客に「好意」を抱かせる

例: 小動物、赤ちゃん、美男美女を広告に使う

例: 顧客に似た有名人を広告に使う

例: 接客の際、共通の話題で親しみを抱かせたり褒めたりする

例: お友達紹介キャンペーン

すごい人アピールで信用させる

例: 権威や肩書き、白衣やスーツ姿を見せる

例: インフルエンサーに商品を紹介してもらう

限りがあることを伝えて希少性を強調

例: 期間限定、数量限定、タイムサービス、先着何名様、当店限定

例: 不動産屋さんが言う、「別のお客様もこの物件を検討中です。」

 

【参考文献】影響力の武器(著者:ロバート・B・チャルディー二)

悩む時間と労力を節約するための「買い物の基準」

f:id:yamotomori:20221113123121j:image

どれを買おうか、いつどこで買おうか。悩み過ぎて疲れてしまうこともありますよね。

同じような商品が多数あると比較が大変ですし、同じ商品でもお店や時期によって価格が変動します。

買い物に悩む時間と労力を節約するため、買い物の基準を作りました▼

  1.  1000円の商品に悩む時間は10分まで
  2.  調べたい項目
  3.  高いという理由で購入を迷うなら、買う

以下でそれぞれ詳しく見ていきます。

1000円の商品に悩む時間は10分まで

調べたり迷ったりする時間を制限することで、長時間悩むことを防げます。

例えば【1000円の商品に悩む時間は10分まで】。

状況によって調査に必要な時間は変わりますが、目安を設けることで決断が早くなり、悩む労力も減らせます。

万が一、買った後でもっとお得な商品が見つかったとしても、考える時間を節約できたのでOKとします。時は金なり。

なお、子どもの場合、調査や比較に慣れていないため時間がかかります。最初は大人がお手本を見せてもいいですよね。

②調べたい項目

高い買い物をする前には、以下の項目についてささっと調べます▼

  • できれば3つの商品(もしくは3つのお店)で比較する
  • 使う上でのストレスはないか(使いやすさ、機能、デザインなど)
  • 産地やメーカー、販売店は信頼できるところか
  • レビューがある場合、星1~3の内容で気になる点はないか
  • サイズ、重さ、色、付属品、製造年式
  • 在庫の有無、納期、送料、保証期間
  • 不要な機能のせいで値段が上がっていないか
  • メンテナンスの手間や費用
  • 商品のおおよその寿命
  • 近々セールがないか
  • 「型落ち / レンタル / 中古」ではだめか
  • 代用できるものはないか、手作りできないか
  • 使わなくなったとき、中古で売るならいくらになるか
  • 捨てるときに困らないか

③高いという理由で購入を迷うなら、買う

値段が高くて買う決心がつかないときもありますよね。

ただ、迷うことに使う時間を時給換算した場合、迷えば迷うほど「高い買い物」になってしまいます

今後の生活費に大きな影響が無いのであれば、思い切って購入します。

子どもにお金の使い方についてどう伝えるか

f:id:yamotomori:20221113125410j:image

我が家の娘は小学3年生。最近、お金について話す機会が増えてきました。

買い物やお金に関する基礎知識を学ぶには、過去の記事にも記載したこちらの本がとてもおススメです▼

f:id:yamotomori:20220506191801j:image


また、子どもに「商品を売ってもらう」というのも、お金について一緒に学ぶ方法の一つです。

値段はいくらにしよう?
売るためにどんな工夫をしよう?

子ども自身が売る側になることで、「価格の決まり方」や「人の心を引く方法」について考えるきっかけになります。

身近にあるチラシやインターネット広告も、いいお手本なりますね。

自分が買い物をするときにお店の工夫に気づければ、衝動買いも少なくなるかなと思います。

さいごに

f:id:yamotomori:20221113125401j:image

  • 衝動買いを防ぐための「3つの質問」
  • 悩む時間と労力を節約するための「買い物の基準」

これらを意識し、買い物の悩みやストレスを少しずつ減らしていきたいです。

また、娘にもお金を大切に使ってもらえるように、これからも親子で学んでいきます。

プライバシーポリシー  / お問合せ