やもともりブログ

HSPママの試行錯誤

HSPの対処法
HSPと子育て
子どもを褒めるときに読みたいメモ
子どもを叱る前に読みたいメモ
STUDY
家庭で学ぶ工夫
家庭でできる国語学習
家庭でできる算数学習
家庭でできる英語学習
家庭でできるデジタルお絵描き学習
家庭でできる水書道
家庭でできるお金の教育

【小学生の登校しぶり】成長に合わせて登校しぶりの対応を変更

記事に広告を含む場合があります



こんにちは。やもともりです。

我が家には小学4年生の娘がいます。

小1から登校しぶりが続いており、月に2回ほど学校に遅刻。どうしても登校できず欠席する日もあります。

まだまだ幼くて可愛いけれど、もうすぐ5年生。

やもともりのアイコン

やもともり

娘の成長に合わせて、親も変わらなきゃ。

そう思い、登校しぶりの対応方法を変えることに決めました。

今までの対応

子どもの話を聞き、気持ちを切り替えられるよう励ます

▼ ▼ ▼

これからの対応

子どもの話を聞き、気持ちを切り替えられるまで待つ

この記事では「娘の変化」と「登校しぶりの対応の変更点」について書きます。

小1~小3までの娘の登校渋り

以前の娘の登校しぶりを振り返ります。

小学1年生

娘のアイコン

ランドセルが重い。行きたくないー。

学校生活に慣れるまで、私が付き添って登校していました

初めて一人で登校できたのは7月の下旬でした。

小学2年生

娘のアイコン

お腹痛い...。

お友達とのトラブルが原因で遅刻が増えました。

詳しくはこちら

小学3年生

同じ通学路のお友達とのトラブルが多発した時期。

娘のアイコン

3人で歩いていると、いつも誰かが1人になっちゃう...。

この頃は、私が一緒に登校してもダメでした。通学路で泣いて歩かなくなってしまうのです。

6月には初めて学校を休みました。

詳しくはこちら

お友達トラブル以外でも、嫌なことが重なるとすぐに登校を渋るようになりました

完全に欠席モードの日は、布団から出ようとしません。親がどう励ましても、

娘のアイコン

分かっているけど...、行けない...。

子どもの登校しぶりが増えると、親の心配や焦りも増えます。

やもともりのアイコン

やもともり

休ませるか迷ったときの「基準」を作って乗り切りました。

詳しくはこちら

また、この時期には嬉しい変化も。

娘が担任の先生に、悩みを相談できるようになりました。

詳しくはこちら

小4になってからの娘の変化

小学4年生になってからの娘の変化をまとめます。

欠席した日の過ごし方の変化

クラスの男の子の言動が怖くて欠席が続いた週がありました。

こういうとき、我が家では時間割に合わせた家庭学習をします。

今までは私が声掛けしていましたが、娘が自分でスケジュールを立てて勉強し始めたときには成長を感じました

やもともりのアイコン

やもともり

男の子とは無事に仲直り。先生が面談の機会を作ってくださったおかげです。

感情の伝え方の変化

不安なことを自分で紙に書き、気持ちを整理できるようになってきました。

  • 算数のテスト、勉強していなくて不安
  • 右手の親指がちょっと痛い、先生に自分で伝えるのは恥ずかしい
  • 成長痛で足が痛い
  • 宿題が終わっていない
  • 給食のとき、口を開けて大声で話す子がいる
  • 給食のメニューが魚(娘は焼き魚が苦手です)

わがままに感じる理由もありますが、どれも子どもの正直な気持ちです。

注意点

子どもが本心を隠している時もあります。

お腹が痛くて遅刻したとき、後から打ち明けてくれたことがありました。

「本当は、漢字のテスト勉強をしてなくて不安だったんだ。」

言いたくないことは誰にでもありますよね。

「ちょっと頑張ってみる」が増えてきた

やもともりのアイコン

やもともり

娘に無理はさせたくない
でも、生きていくうえで忍耐力は必要

そう思い、娘に何度も伝えてきた言葉があります。

少しつらくても、まずは一歩進む。

すごくつらい時は逃げる。

逃げ道はちゃんとあるから、安心してね。

この言葉を聞いた後、娘は一歩踏み出すことが増えました

娘のアイコン

ちょっと頑張ってみる。3時間目からだったら、行けそう。

やもともりのアイコン

やもともり

行ってみて無理だったら、保健室でも早退でもいいからね。

気持ちの切り替えが以前より早くなったと感じます。

泣いて登校を渋った日、こんな工夫で登校できたこともありました▼

「下校後のご褒美」を手の甲にマジックで書き、不安になったら手を見て思い出す。

注意点

いじめが理由で登校を渋っている可能性がある場合、必ず学校を休ませて適切な対応をします。

  • 出来事を細かく記録
  • 証拠を集める
  • 学校や警察に相談

娘がノートに書いていたこと

先日、娘が寝る前にノートを見せてくれました。

そこには娘の字で、「学校にいきたくないとき」にどうするかが書かれていました

学校にいきたくないとき

  1. たのしいことを考える
  2. ごほうびを考える
  3. 気もちをせいりする
  4. まずは行ってみる
  5. 行ってムリだったら帰ろう
  6. どーしてもいきたくないなら今日は休む日にしよう
  7. たんじろうといのすけ、どっちの気もちも大切にする(
  8. ぜったい毎日行くものではないんだから、どんどんいける日をふやせばいい!

7は「理性と本能、どちらも大切に」という意味合いです。)

どれも娘に繰り返し伝えてきたこと。読んでいて泣きそうになりました。

やもともりのアイコン

やもともり

この子はもう全部分かっている。
分かったうえで、葛藤して、訴えていたんだなぁ。

子どもの成長に合わせて登校しぶりの対応を変更

娘の成長に合わせて、登校しぶりの対応方法を変えることに決めました。

今までの対応

子どもの話を聞き、気持ちを切り替えられるよう励ます

▼ ▼ ▼

これからの対応

子どもの話を聞き、気持ちを切り替えられるまで待つ

娘の場合、もう親が言う正論は理解しています。

分かったうえで葛藤し、気持ちを訴えているのです。

そのため、今後は子ども自身で気持ちを切り替えるまで待つことにしました

やもともりのアイコン

やもともり

求められていないアドバイスはやめます。

娘が自己管理を頑張る原動力は「LINEがしたい♪」

娘は家でiPadや古いスマホを使っているものの、SIMカードが無く電話やLINEができません。

我が家のルールでは「LINEは中学生以降から」と決めていました。

これまでは納得していた娘ですが、最近お友達の影響で、

娘のアイコン

私もLINEができるスマホが欲しい♪

と言うようになりました。

夫と相談し、娘に伝えました。

やもともりのアイコン

やもともり

【3つの自己管理】がある程度できるようになったら...。

【3つの自己管理】

  1. 時間(早寝早起き、お風呂などの時間が大体守れる。)
  2. お金(お小遣いの範囲内で買い物する。買う前によく考える。)
  3. 感情(少しつらくても、まずは一歩進む。)

そのため娘は「LINEがしたい♪」を原動力に、自己管理、特に感情のコントロールの練習に励んでいます。

おわりに

娘の成長に合わせて、登校しぶりの対応を変更することに決めました。

今までの対応

子どもの話を聞き、気持ちを切り替えられるよう励ます

▼ ▼ ▼

これからの対応

子どもの話を聞き、気持ちを切り替えられるまで待つ

やもともりのアイコン

やもともり

もし遅刻や欠席が増えるようなら、またやり方を変えます。

少しつらくても、まずは一歩進む。
すごくつらい時は逃げる。

逃げ道はちゃんとあるから、安心してね。

プライバシーポリシー  / お問合せ