やもともりブログ

 HSPママの日常  

2年間ずっと気になっていたドライヤー ナノケアの感想

こんにちは。やもともりです。

長年使ってきたドライヤーが壊れてきたので、新しいものに買い換えました。

髪がサラサラになるという評判を耳にして以来、2年間ずっと気になっていた「 ヘアドライヤー ナノケア」です▼

f:id:yamotomori:20220727123214j:image

Panasonicの大人気ドライヤー、ナノケアシリーズ。私はその中でも機能と価格のバランスが良いと感じた【EH-NA9G】を購入しました。色はピンクゴールドです。

慎重かつケチな人間なので、新製品や最上位モデルには手を出しません

EH-NA9Gは最上位モデルではなくスタンダードモデルです。とは言え2万円近くかかるため、正直買うことに抵抗があり迷っていました。

髪を乾かすだけなら1万円以内のドライヤーで十分なのでは?

そう迷っていた私の背中を押してくれたのは娘の髪のパサつきでした。夏場の紫外線のせいもあるのでしょうか、最近娘の髪のパサつきが目立っていたのです。

私だけでなく娘も毎日使うドライヤー。それを高性能のものに変えることで娘の髪のパサつきが改善されるのであれば、お金をかける価値はあると思えました。

ナノケアの使い心地と仕上がり

f:id:yamotomori:20220727161918j:image

ナノケアをお風呂上りに娘と使ってみたところ、使い心地と仕上がりに大変満足しました。

風量は家庭用としては十分あります。私はTURBO(ターボ)より風量が落ち着いているDRY(ドライ)の方で乾かしました。

今まで使っていた某メーカーのマイナスイオンヘアドライヤーと風量はそれほど変わりませんが、ナノケアの方は風に動きを感じました。そのおかげで髪の内部にまで風が届くため、ナノケアの方が乾きが速かったです。

ポイント

ドライヤーには「風温、風量、風圧、風の強弱差」のバランスが求められるそうです。Panasonicでは特に風の強弱差にこだわり、ヘッドの「速乾ノズル」で風をばらつかせることで髪内部まで風が届くようにしているとのことでした。

DRY(ドライ)で9割ほど乾かしたあとは、「温冷リズムモード」に切り替え、手櫛で髪を整えながら仕上げました。こうすることで髪にツヤがでてまっすぐな状態を維持できるそうです。このモードでは温風と冷風が自動で切り替わるためとても便利です。

他にも色々なモードがあるので髪の調子に合わせて使うと良さそうですね。

乾かし終わったあとの髪は、美容院後のようにサラサラでまとまり良く仕上がりました。ふんわりと軽く、髪の毛が空気のベールに包まれているようでした。

また、乾きにくいはずの髪の内側に手櫛を通すと、じっとりとした湿り気ではなく、しっとりとした潤いを感じました。強風で乾かしても髪がパサパサにならないのは、ナノイー(ナノサイズの微粒子イオン)のおかげでしょうか。

トリートメントは使用せずコンディショナーのみでこの仕上がりになるとは、嬉しい驚きです。

ナノケアを使って気になったこと

使ってみて気になったことは特にありませんが、しいて言うならば重さとサイズです。

重さ
約575gあるため、長く持っていると腕が疲れてきます

サイズ
今まで使っていたドライヤーよりも一回り大きいです。(高さ22.8×幅21.4×奥行9.2cm)
旅行などで持ち運ぶことには向いていません。

補 足

ナノケアシリーズの中には軽量でコンパクトなタイプ【EH-NA2G/EH-CNA2G】があります。こちらはお値段も1万円前後とコンパクトな一方で、UVケア効果やミネラルマイナスイオンの機能がついていません

娘の髪のパサつき改善のためには、UVケア効果がついているタイプが欲しいとおもったので、私はコンパクトタイプは選びませんでした。 

ナノケアドライヤーの新製品【EH-NA0J】や【EH-NA2J】が2022年9月上旬に発売されます。高性能かつコンパクトデザインとのことなので期待できますね。

最後に

ずっと気になっていただけあって期待値が上がっていたヘアドライヤーナノケア。実際に使ってみたところ、期待値を上回るほどの良さを実感できました。

高価なドライヤーにもかかわらず高い人気があることにも納得です。「髪を乾かす」という憂鬱な時間が楽しみな時間へと変わりました。

髪のパサつきが気になっている方や、ナノケアが気になっている方のご参考になると嬉しいです。

 

プライバシーポリシー  / お問合せ