やもともりブログ

 HSPママの日常  

愛情表現の優先順位 子どもと親とのズレ

こんにちは。やもともりです。

昨夜、娘がお布団の中で何気なく、

今日はママとたくさん遊べて嬉しかったー

と言いました。

私はこの言葉に少しショックを受けました。

というのも、自分としては普段から娘と遊ぶ時間をたくさん取っているつもりだったんです。

それなのに娘から、「それでは足りない」と言われた気分になりました。

振り返ってみると私は最近、仕事で疲れてぐーたらすることや、「将来の娘」のために読書や調べ物をすることに多くの時間を使っていたかもしれません。

その分「現在の娘」と一緒に遊ぶ時間が減っていて、娘はそれを寂しがっていたのかなと反省しました。

また、私は「言葉」と「スキンシップ」で愛情表現されたいタイプの人間なので、娘に対してもそれらを勝手に重視していました。

でも愛情表現って人それぞれですよね。

されて嬉しい愛情表現も、人それぞれ。

どれが正解なんてものはありませんが、お互いの「愛情表現の優先順位」を勘違いしていてはもったいない。

f:id:yamotomori:20220213231021j:image

そこで、娘にとって嬉しい愛情表現を確認するため娘に質問をしてみました。

次の5つのうち、嬉しいと思うことを順に教えて。

  • お金や、お金で買えるプレゼント
  • 言われたら嬉しい言葉(「大好きだよ」「かわいい」など)
  • 労力(手作りのもの、お金で解決せず手間暇をかけた行動など)
  • 長く一緒に過ごす時間(遊んだり、お喋りしたり)
  • スキンシップ(ハグしたり抱っこしたり)

すると、娘の回答は以下の通りでした。

  • 1位 長く一緒に過ごす時間
  • 2位 スキンシップ
  • 3位 労力
  • 4位 言葉
  • 5位 お金や、お金で買えるプレゼント

やっぱり、今の娘にとってはパパやママと一緒に遊ぶ時間が一番嬉しいようです。

子どもの将来のためを思って「労力」を優先し過ぎると、目の前の子どもと遊ぶ時間が減ってしまいます。

バランスを取ることや遊ぶ時間を作ることは簡単ではありません。

でも、一緒に遊びたがってくれる今の娘を大切にしていかなきゃなと改めて思いました。

娘から「遊ぼー♡」って誘われる前に、私から「遊ぼー♡」って誘う回数を増やしていきたいです。

プライバシーポリシー  / お問合せ