やもともりブログ

 HSPママの日常  

ドアパンチの修理代のことで凹んだ件

こんにちは。やもともりです。
昨日、スーパーの駐車場で隣の車にドアパンチをしてしまいました。

ドアパンチとは、車のドアを開けたときに、隣の車をドアで傷つけてしまうことです

この記事ではドアパンチをしてしまった時の対応について書きます。

 

f:id:yamotomori:20220326232618j:image

ドアパンチをしてしまった経緯

昨日は風がとても強い一日でした。そのため自転車ではなく車でスーパーに出かけました。夫と娘はお留守番です。

買い物を終えて駐車場に戻り、車に乗り込んで運転席のドアを閉めようとした瞬間、突風であおられたドアが隣の車に当たってしまいました。

恐る恐る確認すると、隣の車のドアハンドルに1センチほどの白い線が入っていました。

あぁぁぁぁ

強風のバカ。不注意な自分のバカバカバカ。

被害者が見つからない

ドアをぶつけたとき隣の車には誰も乗っていませんでした。警察に連絡する前に、まずは被害者の方が車に戻られるのを待つことにしました。

注意点

当て逃げした場合、刑事罰や違反点数が科されます

ドアパンチは物損事故であり、基本的に刑事処分・行政処分の対象にはなりません。しかし、警察に報告せず「当て逃げ」してしまうと、道路交通法上の「報告義務違反」として「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」の対象となります。

また、「危険防止措置義務違反」として「1年以下の懲役または10万円以下の罰金」が科される場合があります。

違反点数についても、「危険防止措置義務違反(5点)」と「安全運転義務違反(2点)」の合計7点が加算されると、直ちに30日間の免許停止処分になります。

小さなスーパーなので、数分待てば被害者は車に戻ると思いましたが、30分経過しても隣の車に近づく人はいませんでした。
被害者がお店の従業員さんだった場合、閉店まで戻って来ないことも考えられます。

そこで、隣の車のナンバーをメモして店内に戻り、サービスカウンターで店内放送を依頼しました。

放送から5分ほどして、お店の制服を着た50代くらいの女性がサービスカウンターに来られました。被害者は従業員さんでした。

まずは被害者の女性に、車のドアをぶつけてしまったことを謝罪し、一緒に駐車場に行って車の傷を確認していただきました。そして警察を呼ぶことを伝え110番しました。(この時点で夫にも電話して、状況を説明しました。)

ポイント
  • 今回は店内放送で被害者が見つかりましたが、被害者がすぐに見つからない状況なら早めに警察を呼んだ方が良いようです
  • 車の傷の写真は色んな角度から何枚も撮っておいた方が良いです(修理代の見積もりの参考になるためです。私は撮り忘れて後悔しています。)

警察の対応

警察官が駐車場に来られ、ぶつけた時刻や状況、傷の様子などを確認されました。

「左側のフロントドアのドアハンドルに擦り傷」があることを3人で確認し、警察官は事故の書類を作成して帰られました。

被害者の方に改めてお詫びを伝え、連絡先を交換し、修理代の見積もりが出たら電話をいただけることになりました。

また、お仕事途中でご対応いただいたことと、今後も修理に関するお手間をおかけすることになることを考え、お詫びとして持ち合わせの8000円を受け取っていただきました。

後日お詫びの品をお渡しするよりも、今の時点でお渡しすることで被害者の方のモヤモヤが少しでも軽くなればと思いました

ポイント

今回は被害者の方が温厚でしたし、修理金額もそれほど高くならないと予想したため、自動車保険会社には連絡しませんでした。しかし修理代のことで被害者やそのご家族と揉めることを避けるためにも、保険会社に仲介してもらった方が良いです。最終的に保険を使わず自費で修理代を支払うのなら、保険の等級は下がりません。

被害者の女性から修理代の連絡が来た

事故の翌日、さっそく被害者の女性から電話がかかってきました。

「今ディーラーさんに来ていて見積もりを出してもらいましたが、修理代として9万円、レンタカー代として6万円くらいになるそうです。」

えっ。1センチぐらいの擦り傷だけだったのに、9万円?合計15万円??

修理代としては高くても6万円くらいを想像していたので驚きました。

ディーラーさんが言うには、ドアハンドルの擦り傷だけではなく凹んでいる箇所もあったとのことでした。

警察官と被害者と私の3人で確認したときには、ドアハンドルの擦り傷だけだったのになぁ・・・、素人では分からないような凹みなのかなぁ・・・

f:id:yamotomori:20220327230242j:image

被害者の女性にはご対応いただいたお礼を伝え、夫に相談してから折り返し電話することにしました。

電話を終えて夫に修理代について相談したところ、私と同じように修理代の高さに驚いていました。

加害者の立場でこんなことを言うのは図々しい限りですが、「ディーラーさんが修理代を水増ししているのでは?」と少し疑ってしまいました。

というのも、2年ほど前、我が家の車もドアパンチをされたことがあるんです。
(警察に届け出てお店の防犯カメラを確認していただきましたが、加害者は見つからず修理代として5万5000円ほどの出費となりました。ちなみにこの時修理をお願いしたのは今回と同じディーラーさんでした。)

2年前の傷よりも小さな傷なのに、今回の修理代の9万円は妥当なのでしょうか。

ドアパンチの修理代の相場と、夫の行動

ドアパンチの板金塗装の修理代について、相場をネットで検索してみました。傷の程度や車種にもよりますが、相場は3万~6万円のようです。

夫が「9万円にはちょっと納得できないから、今から自分の目で傷を確認しに行きたい」と言い出しました。

夫の気持ちも分かりますが、私としては完全に自分が悪いのに被害者の方やディーラーの方に必要以上の負担をかけるのは申し訳ないと思いました。

ただ、増えた修理箇所については念のためディーラーさんに直接確認したいとも思いました。
そこで被害者に折り返し電話をし、ものすごく申し訳なさそうに以下の内容を伝えました。

  • 修理代について夫に報告したこと
  • 修理代とレンタカー代について全額お支払いさせていただくことに変わりはないこと
  • ただ、以前同じような修理をした際の修理代より高いため、夫が修理前に車の傷を見てディーラーさんに話を聞きたいと言っていること

ただでさえご迷惑をおかけしているのに、こちらがゴネたことでより不快感を与えてしまったのではないかと思い、心苦しかったです。

幸い被害者の女性は、私たち夫婦が車の傷を確認しに行くことと、ディーラーさんと夫とが話をすることについてご了承くださいました。

すぐに夫婦でディーラーさんに出向き、車の傷を確認させてもらったところ、やはり凹みは見当たりません。素人が見る限り、ドアハンドルの傷以外は何も問題なさそうでした。しかしディーラーのご担当者によると、ドアハンドルより下の部分にうっすら凹みが確認できるとのこと。

そこで夫が色んな角度から確認したところ、凹みの存在について認識できたようです。それでもやはり、「ドアハンドルの小さなすり傷」と「言われなければ気が付かないほどの凹み」の修理が9万円もすることには納得ができない様子でした。

しかし被害者の女性に「別の会社でも見積もりを取ってくれませんか」なんて厚かましいお願いはできません。

ご担当者に修理代が相場より高い理由についてお尋ねすると、「ドアハンドルのすり傷だけなら2万円弱で済むところだが、フロントドアの凹みを直す際にバックドアにもぼかし塗装をする必要があるため修理代が高くなると見積もった」とのご回答をいただきました。

そこまでお聞きできたので、見積もりの金額で修理を進めていただくようお願いし帰宅となりました。

さいごに

今回の修理代にはかなり凹みましたが、それよりも辛いのは私の不注意で色んな方々にご迷惑をかけてしまったことです。

被害者の女性、スーパーのサービスカウンターの店員さん、警察官、夫、ディーラーのご担当者。

また、事故を起こしたときの自分の対応についても、あとあと調べてみたら反省点がいくつもありました。(保険会社に相談しなかったことや、車の傷の写真を撮っておかなかったことなど。)

今後は加害者にも被害者にもならないように、悪天候のときの外出は極力控えます。また、駐車場ではすいているスペースを探して停めようと思いました。

プライバシーポリシー  / お問合せ