やもともりブログ

HSPママの試行錯誤

HSPの対処法
HSPと子育て
子どもを褒めるときに読みたいメモ
子どもを叱る前に読みたいメモ
STUDY
家庭で学ぶ工夫
家庭でできる国語学習
家庭でできる算数学習
家庭でできる英語学習
家庭でできるデジタルお絵描き学習
家庭でできる水書道
家庭でできるお金の教育

【流し読みから熟読へ】子どもの読解力を伸ばすための読書キャンペーン

記事に広告を含む場合があります



こんにちは。やもともりです。

我が家の娘は小学3年生。幼稚園の頃から「寝る前の親子読書」を習慣にしています。

あわせて読みたい

しかし、娘の読解力はそれほど高くありません

「筆者の主張」や「登場人物の気持ち」の勘違いが結構あるのです。

娘のアイコン

絵が少なくて長い本は苦手。

まだ小3なので問題ありませんが、学年が上がるにつれて【複雑な長文】を読み解く力が必要になりますよね

やもともりのアイコン

やもともり

そろそろ読書のやり方を見直す時期かもしれません

今までの読書

【流し読み】で色んな本を読んできました。

▼ ▼ ▼

今後の読書

【熟読】を意識する日を作り、読解力を伸ばしたいです。

ただ、こんな提案では子どもに受け入れてもらえません▼

やもともりのアイコン

やもともり

じっくり本を読もう。
最近は読書する日が減ってるから、もう少し増やそう。

娘のアイコン

えー。面倒くさいー。

もっと子どもにとってのメリットを伝える必要があります。

色々考えた結果が、「プレゼント付きの読書キャンペーン」でした。

プレゼント付きの読書キャンペーンの内容

寝る前の親子読書を30日できたらプレゼントがもらえる、というキャンペーンです。

30日「連続」となると大変なので、まずは累計で30日。

娘のアイコン

プレゼントの内容は親子で相談します。

チラシを作って読書のメリットをたくさん載せました▼

寝る前の読書キャンペーン

熟読の練習のポイント

娘には【読むときのポイント】を4つ伝えています▼

  1. 映像を思い浮かべながら読む
  2. 知らない言葉が出てきたらすぐに質問
  3. 好きな本、興味がある本を選ぶ(同じ本を繰り返し読んでもOK)
  4. 本の内容についてクイズを出し合う

特に、4つ目の「本の内容についてクイズを出し合う」は大切

クイズがあることで、本の内容を深く理解するきっかけになるからです。

やもともりのアイコン

やもともり

楽しみながら「熟読」の練習ができますね

具体的には、文章の中に以下を見つけたら、後からクイズを出します

  • 指示語(これ、それ など)
  • 接続語(ところが、つまり、というのは、たとえば など)
  • 筆者の主張
  • 登場人物の気持ちが分かる箇所(言動や情景描写にも注目)
  • 登場人物の性格を表している箇所
  • 理由が書かれている箇所

例えばこんな風に▼

「ところが」って書いてあるね。この言葉の前と後では、どんな変化があったかな?

あきら君はどうして小原君に怒ったのでしょうか?

筆者はこのお話で何を伝えたいのかな?

注意点

「熟読」は慣れていないと骨の折れる作業です。やり過ぎると、読書を楽しむどころか退屈な授業になってしまいます

「目標継続カレンダー」アプリで達成日を管理

読書キャンペーンをするにあたり、親子読書ができた日数を管理する必要があります。

我が家では「目標継続カレンダー」というアプリを使い、カレンダーにスタンプを押しています。

f:id:yamotomori:20230927125441j:imagef:id:yamotomori:20230927125444j:image

スタンプを押すときの音が気に入った娘は、毎回自分で押しています。

娘のアイコン

MEMO欄に感想を入力できるところも便利です。

おわりに

うさぎの親子の寝る前の読書

子どもの読解力を伸ばすために始めた読書キャンペーン。

  • 親子で寝る前に読書とクイズ
  • 30日おこなったらプレゼントゲット

娘はプレゼントという言葉に反応し、キャンペーンに了承してくれました。

娘のアイコン

ご褒美だいすき。

娘には「熟読」の練習を通して「読み解くコツ」をつかんで欲しいです。

そのうち「親子で本を読むこと」を娘に拒まれる日が来るでしょう。

やもともりのアイコン

やもともり

一緒に読書してくれる今の時間を大切にしたいと思います。

プライバシーポリシー  / お問合せ